種子島サーフトリップ

種子島基本情報

 種子島ってどんなところ?
種子島
鹿児島県、大隅半島の南方海上にある細長い島。鉄砲伝来の地。
面積:約445平方km
南北57.2km・東西5~12km・海岸線延長186km・最高点282m
人口:約36,000人
気候
年間平均気温:19℃(最高気温:33℃前後/最低気温:1℃前後)
年間降水量:2000~2500mm
冬季の日照時間は短い。冬の平均気温も12度前後と温暖で、冬型になっても気温が高いので雨になることが多く、雪が降ることは非常に稀である。夏~秋季にかけては台風の影響を受けやすい。
交通
羽田(東京)—鹿児島 飛行機・約2時間
伊丹(大阪)—鹿児島 飛行機・1時間15分
名古屋—鹿児島 飛行機・1時間25分
鹿児島—種子島 飛行機・約35分
観光
種子島宇宙センター
宇宙科学技術館
倉岬:鉄砲伝来の地
種子島ゴルフクラブ
住吉ガジュマル防潮林(樹齢100年以上)
アメリカ船カシミア号漂着の地(立山)
喜志鹿埼(きしがさき)灯台・天女ヶ倉山:東海岸を見渡せるこの丘では、パラグライダーも楽しめる。春には色とりどりの農作物が見渡せる。
犬城海岸(いんじょう):太平洋を望むたいへん美しい海岸。また個性的な岩が沢山見られ、サーフィンやダイビングのスポットとしても人気。遠くに宇宙センターが見える。
男淵女淵の滝:上を男淵(おぶち)、下を女淵(めぶち)と呼ぶ。男淵は幅4m高さ4m面積4アール。女淵は幅5m高さ5m面積3アールで、高地のない種子島では珍しい滝で、渇水期でも枯れる事がない。
熊野神社:御祭神は伊邪那伎大神・伊邪那美大神で、日本本土を産んだ神様です。縁結び、安産の神様として島民の崇拝を受けています。